部門のご紹介 部門のご紹介

部門のご紹介

診療部

診療統括部長よりご挨拶

“地域No. 1の回復期リハビリテーション”

副院長 新井 秀宜

副院長の新井秀宜と申します。私はリハビリテーション (以下、リハ) 科専門医として回復期リハ病棟を担当しています。地域No. 1の回復期リハ病棟にするために、“質”と“量”を最大限にしたリハを行っています。その特徴は① 安全なリハ、② 積極的なリハ、③ 効率的なリハの3点です。

まず①の「安全なリハ」に関してですが、私はリハ医であると同時に内科、循環器科医でもあります。心臓、呼吸器疾患など、リスクの高い内科疾患の治療が得意なので、そのような患者様にも安全にたくさんのリハを行うことができます。

次に②の「積極的なリハ」に関してですが、患者様が重症で寝たきり状態の場合、一般的にはマッサージ的手技や車いす座位、ティルト台での立位といったリハが行われます。しかし、当院ではそのようなリハはせず、積極的なリハとして、入院初日から装具を使用して歩行訓練を行っています。また、歩行を目指す患者様の歩行訓練量を最大限に増やす、食事摂取を目指す患者様の嚥下機能評価 (嚥下造影検査) を早期に行う、といった積極的なリハも行っています。

最後に③の「効率的なリハ」に関してですが、全国トップクラスの多種類の下肢装具や、最先端科学技術で作られたサイボーグ型ロボットHALRやHonda歩行アシストRを使用して効率的なリハを行っています。

以上のような3点で“質”と“量”を最大限にしたリハを日々行っています。今後も地域の中で重要な役割を担えるよう、スタッフ一同、努力してまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
06-6841-3262
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る